So-net無料ブログ作成

ミヨッシ! [Player]

この投稿をInstagramで見る

ウルグアイ戦での2ゴールで、ライトなサッカー好きにまで名前が知れ渡ったミヨッシこと三好君。 現所属は横浜Fマリノスですが、元々はフロンターレ下部組織出身、レンタル移籍中です。我々フロンターレサポは彼が小さな頃から将来を期待していました。しかし、こんなにも早くA代表で得点をする日が来るとは…(しかもウルグアイのガチメンバー相手…)。来年はフロンターレに戻ってきて「所属:川崎フロンターレ」として東京オリンピックに出場するのが規定路線かと思っていたのですが、この夏か冬に海外に飛んでいってしまうかもしれないですね。残念なような、嬉しいような…。 フロンターレのトップチームに所属したのは2015~2017の3シーズン。写真で振り返ってみるとします。 ■1)公式戦デビューは1年目の春先の新潟戦、18歳になったばかり。数分の出場でしたが、すごい歓声でした。しかし2015シーズンは数試合のみの出場でいきなりの活躍はできず。 ■2)2年目の2016シーズンは初ゴールもあり、後半戦で4ゴールを積み重ねました。天皇杯決勝の鹿島戦でもユウのゴールをアシスト。翌シーズンはポジションを掴み、更に飛躍を期待していましたが…。 ■3)ヨシト(大久保)の後を受けて13番を背負った2017年。苦しいシーズンでした。同じポジションに阿部・家長という実力者が加わり、大卒2年目の長谷川も結果を出し、出場機会も限られます。そんな中、秋口のルヴァンカップ準決勝の2ゴールには等々力が沸きました。 ■4)2017年途中にはU20W杯にも出場。ユースの同期だったコウ(板倉)とともに試合後の壮行会。コウも最初こそミヨッシの影に隠れていましたが、この頃にはすっかり世代別代表の常連に。一足先に海外に移籍していきました。 ■5)ミヨッシ絡みでは一番、いや、僕のフロンターレ撮影歴の中でも1、2を争うくらい好きなショット。初優勝のセレモニー時、アキと共にカメラがたくさんいるメイン正面側ではなく、バックスタンドを振り返ってボードを掲げてくれました。最高の笑顔です。ポジション争いのライバルではありますが、アキには公私共に世話になったようで、札幌・マリノスのレンタル時にはアキの背番号である「41」を付けてますね。 #frontale #三好康児 #ミヨッシ #consadole #fmarinos #家長昭博 #日本代表 #copaamerica #samuraiblue

mac929さん(@mac929)がシェアした投稿 -


nice!(0)  コメント(0) 

ゆく人くる人2018 [Player]

●エウソンはこちら
https://bluemagazine3.blog.so-net.ne.jp/2018-12-10-1


●ゆく人
View this post on Instagram

ゆく人くる人2018:タッピー編(1) 空白期間はあるとはいえ、2008年、いや特別指定選手の2007年からの古株です。ショットはたんまりとありますので2回に分けようかと思います。 [新月]?1)2007年、青学在籍時の特別指定選手での初出場はアウェイ柏戦。ACLのH&Aの間のリーグ戦で大幅にターンオーバーした試合です。当時はACLも重要視されておらず、またこの試合も0-4で敗れ、ACLもPKで敗退したので、当時のチェアマンに散々叩かれました。18年の鹿島のように結果を出してたら叩かれなかったのかな…。 [新月]?2)そして改めて2008年の新体制発表会。菊地・横山と共に大卒即戦力3人組として大いに期待されていました。ただ、大学No1ボランチのキク、野村證券の内定を蹴って入団したヨコに比べると、話題性も低かったですが、いきなりの一桁背番号にクラブの期待を感じました。 [新月]?3)ルーキーイヤーから中盤のユーティリティプレイヤーとして活躍。2年目は激動の2009年も共に駆け抜けました。これまた日立台からのショット。涙雨の最終節、このとき一緒に泣いたメンバーも少なくなってきました。あとはケンゴとノボリだけかな。。 [新月]?4)2010年が一番輝いたシーズン。序盤のケンゴ不在時の穴を埋め、中盤以降はヴィトールと共に2列目の得点元として輝きました。特にアウェイ神戸戦のFKゴールは美しかったです。(そのときのショット) #frontale #田坂祐介 #ゆく人くる人2018

mac929さん(@mac929)がシェアした投稿 -



View this post on Instagram

ゆく人くる人2018:タッピー編(2) ■1)2011年、これも日立台のショット。先制点のミドルに大興奮でした。負けましたが。。そして2012年夏にドイツへ移籍。あまり熱心に追いかけていなかったですが、中心選手として活躍していたようです。 ■2)2015年夏にフロンターレに復帰、復帰戦はドルトムント戦でした。復帰直後に退団したレナトに代わって攻撃の中心選手に。 ■3)2016シーズンから再び背番号6に。この辺りから守備的なポジションになってきました。印象的なのはホーム鳥栖戦やホームマリノス戦等の劇的なゴールに絡んでたシーンですかね。 ■4)2017年、ようやく掴んだ初優勝。シーズン序盤は怪我のエウソン&武岡に代わり右サイドバックで孤軍奮闘でした。負けない戦いができたのもタッピーの働きが大きかったはず。 ■5)そして2018年を以って契約満了。麻生で大学生との練習試合に出てるのを見ましたが、まだまだ輝いてました。スタジアムのピッチで輝くタッピーの姿をまた見たい! #frontale #田坂祐介 #ゆく人くる人2018

mac929さん(@mac929)がシェアした投稿 -



View this post on Instagram

ゆく人くる人2018:ケンタロー編 ■1)2)13年の加入当初は風間チルドレン等と呼ばれ酷い扱いでしたが、夏のナビスコ仙台戦で見せた熱い走りでかなり見る目が変わったのを覚えています。 ■3)ゴール数は少ないながらも印象的なものも多い。14年はホームの甲府戦と新潟戦でゴール。お、競ってるのはホクトだ。 ■4)5)ケンタローといえば、浦和キラー。15年・16年、埼スタでのゴールは今でもよく覚えてます。 ■6)鬼木体制になり少しずつ出番が減ってきましたが、17シーズンのハイライトはやはりセレッソ戦のドライブシュート。フロンターレの歴史に残る名ゴールです。 ■7)怪我が多かった18シーズン、最後の出場は実はあの日立台でした。ラルフのゴールの歓喜、これがまさか最後のユニ姿のショットになろうとは。 19シーズンからはジュビロに移籍、J1ということで対戦できるのが楽しみ。ヨシトとの名コンビも楽しみにしています。 #frontale #森谷賢太郎 #ゆく人くる人2018

mac929さん(@mac929)がシェアした投稿 -



View this post on Instagram

ゆく人くる人2018:タケちゃん編 ■1)新加入の14シーズン、なかなか出番が無いまま終盤へ。ラス3のアウェイ鹿島で初のスタメン、ここでかなり良かったのが翌年に繋がりましたよね。 ■2)15シーズンは開幕スタメンを掴み取り、そのままリーグ30試合出場。新加入のエウソンの攻撃を後方でうまくサポートしてました。 ■3)4)5)16シーズン以降は怪我に泣かされます。16年はそこそこ出場があったものの、この2年はホントにスタジアムで見れなかった。 とにかく怪我を治して、新天地の甲府で元気な姿を見せて欲しい。DAZNで楽しませてもらいます。 #frontale #武岡優斗 #ゆく人くる人2018

mac929さん(@mac929)がシェアした投稿 -




●くる人
View this post on Instagram

ゆく人くる人2018:山村和也編 新加入選手の過去ショットを探すのもオフの楽しみだったりしますが、今年は山村選手くらいしか見つからず。ブラジル人は無理だし、馬渡選手は対戦時には出場なし、藤嶋選手も対戦なし。。一方でプロ7年、ほとんどJ1にいた山村選手はそれなりにありました。特にここ2年のセレッソ分はかなりありました! 鹿島時代のCB、五輪代表時代のボランチだけでなく、セレッソで新境地を開拓した前線での起用もあるんでしょうか。どのポジションでもうまくやってくれそう。鬼木さんの配置が今から楽しみです。 #frontale #山村和也 #ゆく人くる人2018

mac929さん(@mac929)がシェアした投稿 -



●背番号変更
View this post on Instagram

背番号変更あれこれ。 ■守田:新卒2年目での出世は、ユウ・ショーゴ以来ですかね。文句なしでしょう。タッピーの良いイメージもそのまま引き継いでくれそうです。まずは怪我をしっかり治して! ■マナブ:ケンタローが語っていた「あいつはこんなもんじゃない」はマナブでしたか。赤崎かな?とも思いましたが。フロンターレの19といえば、勇介・柴崎・ケンタローと中盤~後ろ目な印象ですが、最終的にはすっかり馴染んだ元マリノスのケンタローにあやかって、2年目の爆発を期待します。 ■ショータ:一番のサプライズでした。在籍6年、実はケンゴ・ノボリ&アンちゃん・ユウ・リョータに次ぐ古株なので、もうずっと30番でいくと思ってましたが。21は相澤・西部といったGK番号。今年もピッチ内外で頼りにしてます。そして30番を継ぐのは宮代。リョータが高卒時に付けた出世番号。こちらも期待。 ■アオ:出世するだろうな、と予想してましたが、一気に一桁・10番台まではいかなかったか。25番は古くは鈴木達也や吉田現コーチといったユース出身が付けてますが、なかなか大成せず。アオにはこれを覆して、イメージを一新して欲しいですね。まずは先代の守田、そして、とんでもない大出世をした板倉先輩を目指せ! #frontale #守田英正 #齋藤学 #新井章太 #田中碧

mac929さん(@mac929)がシェアした投稿 -



●おまけ:ミツオ殿
View this post on Instagram

小笠原選手、お疲れ様でした。フロンターレとはもう数え切れないほど対戦してきました。いくつかのシーンを切り取ってみました。 左上:2007 イタリアから帰ってきた直後ですね。大逆転優勝でした。 中上:2009 いくつもの名勝負を繰り広げたこの時期、ナビ準々決勝が印象的です。 右上:2010 意外に憲剛との2ショットは少なく。憲剛の今回のブログはジーンと来ました。 左下:2013 黄金世代のイナとの対決。この世代も少しずついなくなってきました。 中下:2016 この年もCSと天皇杯でフロンターレに立ちはだかりました。 右下:2018 今年はだいぶ出場機会が少なかったようです。お疲れ様でした。 個人的には代表の小笠原選手も印象に残ってます。2005年のアウェイバーレーン戦のゴールは「国内組」の意地を見た一発でした。 #frontale #小笠原満男 #antlers

mac929さん(@mac929)がシェアした投稿 -


nice!(0)  コメント(0)