So-net無料ブログ作成

【13-J1#32】vs.浦和@埼スタ ○3-1 [GamePhoto]

1123_top.jpg
「リベンジ」という言葉が流行したのは、
ライオンズの松坂投手がデビューした99年頃でした。
あの年は上原投手の「雑草魂」なんて言葉も流行った年で、
最近ではあまり見られないスポーツ界発の流行語があったんですねえ。
今年のサッカー界の流行語はなんでしょうね。
大迫半端ない」でしょうか(笑)

ナビスコのリベンジ、というのが合言葉な感じで、
僕もトップ画像のタイトルにその言葉を入れてみましたが、
実はそんなに「リベンジ」という感じでもなく。
ナビスコとリーグでは違う大会ですからね。
どちらかと言うと、リーグ戦ということに照準を当て、
前回清水戦のエントリーにも書いた通り
「強豪とのアウェイ戦に勝つ」「上位を叩き自らがACL圏内を伺う」
というミッションを完遂できたことがよかったことかと思います。

内容としても、攻撃的なチーム同士の持ち味が出た
面白い試合だったのではないかと思います。
今年4回目の対戦ということもあり、いろいろと腹の探り合いのような局面もあり、
両者の良さと脆さが出た好ゲームだったかと思います。
双方もう少し決定力があれば、4-3のような殴り合いスコアになったかもしれません。

今回は久々にアッパーからの観戦でした。
2010年以来かな。一昨年、去年、そして今年のナビスコはゴール裏から声援を送りましたが、
今回は試合前後に色々用事があったこともあり、いつもの応援仲間とは離れ
ファミリーチームでゆったりと指定席観戦。
なかなか面白かったのは、試合展開もあるのでしょうが、
ものすごく時間が経つのが早く感じたことです。
普段等々力のバックスタンド1階、アウェイでもメインやゴール裏の1階に陣取ることが多く、
ここまでの距離感で観たのは本当に久々でした。
なんかこう、ゲームでも見ているような(いや、もちろん応援してるんですけど)、
そんな感じになってしまったのでしょうか。不思議な感覚でした。
でも、遠目で全体的に見るのもなかなか面白いですね。

さて、リーグは残り2試合。
6位は変わりませんが、勝ち点54、3位広島との差は詰めてきました。
3位までは勝ち点差3か、残り2節、3~5位がつぶし合うのが好都合ですが、
どっかに走られるとちょっとキツいかな。
 33節:広島vs湘南、C大阪vs鹿島
 34節:鹿島vs広島、浦和vsC大阪
33節、湘南がどこまで粘って広島を落としてくれるか、でしょうね。

大分戦は現地観戦はできません。
14時キックオフのマリノス、浦和、広島の試合をTV及びスカパーオンデマンドで
3次元中継でもしながら観戦するとします。

※この間のJ2最終節はBSとスカパーオンデマンド3画面で
 4次元中継で楽しんでました(笑)
1123_07.JPG

====

1123_04.JPG
アッパー最上段まで登り、パチリ、と。
アッパー席空席あるとあまり迫力感じませんね。。。
08年のACLガンバ戦野次馬したときは凄かったですが。

1022_06-1e611.JPG

1123_01.JPG
序盤は押し込まれましたが、CKからジェシの一発で先制!
なぜか浦和サポの前でエンブレムを誇示するジェシ神。
それにしても磐田戦に続き、セットプレーでの得点、
何気に得点元になってきた??

1123_05.JPG
アッパー上段でもぶんまわしてましたよーー

1123_02.JPG
そして時間は飛びますが後半ロスタイムのヨシト弾!

1123_03.JPG
みんないい表情してますね。
09年以来の埼スタ勝利でした。

1123_06.JPG
11月後半ともなると日が暮れるのが早い。。
混雑避けるためにフードコートでビールを一杯あおって次の予定に向かいました。
nice!(0)  コメント(2) 

nice! 0

コメント 2

KOBO

埼スタのゴール裏電光看板に、
「Mirage」の広告をよく見ますが、
浦和の優勝もMirage(蜃気楼)となってしまいましたね。

お後がよろしいようで、・・・。
by KOBO (2013-12-04 12:57) 

Mac_BLUEMAGAZINE

>KOBOさん
ミラージュ、そんな意味だったとは!(笑)
僕は最初に乗った車がミラージュでしたね。
そして今は某日産のクルマで、とてもフロンターレサポとは思えないセレクションです(笑)

しかしまあ、浦和さんは川崎戦で切れてしまったみたいですね。。
鳥栖にあんな惨敗をするとは。。
by Mac_BLUEMAGAZINE (2013-12-05 01:15) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。